-->

2018/04/01

負けたわけではないのに

ブログランキング・にほんブログ村へおはようございます。昨日は久々(といっても3月2回目)のカシスタ観戦でした。朝は8:30頃の電車で出発して、寄り道せずに途中夕食も取れずに帰宅したのは22時過ぎ。春休みのディズニー渋滞、週末の首都高の大渋滞を抜け、週末の山手線、京王線は人も多く高速バスの長旅の疲れにさらに人、人、人の混雑する電車で疲れが増し、なんだか辛い長旅になってしまいました💦
 負けたわけではないのにここまで帰りがしんどいと思ったことは今までなかった…というほど昨日の試合はわざわざ片道約4時間かけて行くんじゃなかったと思うような不甲斐ない内容でした。

ま、色々と主審に左右される部分もありましたし、鹿島にとってはラッキーな誤審もあり負けは免れたとは思いますが、昨日の主審はどちらかに有利にという感じではなくちゃんとジャッジできているところもあっただけに残念でしたね…。今のJリーグの主審でこの主審なら安心して任せられるという主審がいないのは本当に残念でなりません。昨日だって逆の立場だったらはらわたが煮えくり返るくらい腹が立つジャッジだったと思うし、コンサドーレ札幌は本当にかわいそうだとしか言えません…。しかし唯一のとりえは試合終了後ではありましたが、主審が勇気をもって誤審を認めたところでしょう。日本サッカーのようにサッカーに関してはまだまだ発展途上のような国ですし、VAR制度は早々に取り入れるべきだと思いますね。
嬉しいような悲しいような…今回もスンテさんには助けられたと思いますね。本当に神様です。おそらくPKだとしてもスンテさんがいたので大丈夫だったとは思いますが、基本的にスンテさん(GK)は目立たず静かに神々しく…が理想なんですけどね…。
それにしても…(-_-;)


 細かな内容はご覧の通りなので私が現場で見て思ったことだけ書いていきますね。
まずCB2人、誤審はあったものの代表帰りでよく守ってくれたと思いました。が、考えようによってはこの2人が一番試合勘があったのかもしれませんね。全体を見ても動きが違ったように思います。逆に他の面々はとにかく重たそう…どう考えても準備が不十分だったように思いましたね。トレーニングが軽すぎたんじゃないでしょうか?

それから攻撃陣「しっかりせい!」特に優磨。一見するとハードに動いて攻守に貢献しているようにも見えますが悪く言えば空回り。他の攻撃陣と連動しているとはとても言えないような感じで、個人技で崩すというにはほど遠いレベルに感じました。特に昨日のような札幌相手ならペドロのようなタイプの方が良かったんじゃないかと思いましたね。昨日のような感じなら、前にも書きましたが山口一真をどんどん使ってほしい。鹿島で素晴らしいとされるスカウトが「即戦力!」と太鼓判を押していたのに使わないでどうするの?それともスカウトの思い込み?大岩監督の勇気のなさ?

夢生さんに関しては鹿島ではリーグで唯一得点はしているものの、こちらも連動を感じられないプレーが目立ちましたし、良い時に比べてボールが収まらなくなっているようで鳥栖戦でも見受けられましたが、ボールロストが以前より増えている気がします。「10」の重みをひしひしと感じ、奮闘しているんだろうけど、こちらもチームの一体感を考えるとちょっと心配になるところがやや目立つようになってますね。でも逆に言うと「10」の夢生さんしか得点もしていない、体張れないじゃ困るんですけどね。ま、昨日に関してはボランチにボールが落ち着かないから、取りに下がることもできず鳥栖戦に比べても夢生さんにいい形でボールが入らなかったよね。攻守ともにレベルは十分高いんだから、心の中は「33」のままでいいよ。もっと普通にやってほしい。普通で十分良いんだから。そんなに背負ってたら体持たないぞ…。あとはさ、たまには2列目で夢生さん使ってみるのもいかがですか?ってかさ、大岩監督になってから鹿島の伝統であった4-4-2でさえ崩れてきてるんだよね…ま、こだわる必要もないとは思うんだけどさ。

あと昨日スタメン起用された裕葵、代表帰りで試合勘があるということで起用だったんだろうけど、う~ん徐々には良くなってきているんだろうけど、こちらも連動ということでは周りをもっと見られるといいかな~個人技で崩して…というレベルにはまだ達していないと思う。その方向性で行くんであれば簡単に倒れるのではなくカイオのように簡単には倒れないMFであってほしい。カイオと比べるのは酷かもしれないけど、鹿島のMFで求められるものってそういうことだと思うんですよね。あのやり方だといつか大けがは避けられないと思うし…贅沢をいえばモトさんにも程遠い…(-_-;)

あとこれはもう黙ってられないレベルなのがボランチ…というよりここはあえて選手ではなく、監督の考えがまったくわかりません。
 2016年12月、早々に移籍が決定していたレオさん。岳の移籍可能性を視野に獲得したとは思いますが、Jリーグで一番といわれるボール奪取能力と絶賛されていたレオさん。私たちも期待していましたよね。しかし2017年5月、ケガもありクラブが予想していた活躍とはなりませんでした。それから約2か月ケガからの復帰後、離脱中に監督も交代して闘い方も変わり、鹿島に完全にフィットしたとは言えず、今に至っている気がします。
レオさんの批判が大きいようですが、レオさんだけが悪いわけじゃないと思うんですよね。ボランチが人員不足なわけじゃないし、2ボランチならうまく機能するセットで采配しなくちゃだめですよね?2人とも狩りに行くタイプじゃ、昨日みたいに真ん中が空っぽ状態になるし、しょうがなく聖真が埋めに行く形になってしまいますよね。聖真は確かに重さを感じるところもありましたが、かなりハードワークだったと思いますよ。前半終了後の青空ミーティングは大岩監督のコメントにもあったので、源さんだけの判断ではなかったと思いますが、素人から見てもあれじゃだめだと思います。
それにファン・サポが見ても2人とも狩りに行くタイプというのはわかること。昨日は健斗が体調不良でベンチ外でしたが、昨日のベンチを見て満男さんがいることが???じゃありませんでしたか?レオさんか亮太さんがベンチで満男さんがスタメンなら狩りタイプがハードワークしても交代してリフレッシュできるのにと思いましたね。
 どうしても同時に使うなら最初に決めごとをしておくことですね。前半が無駄になっちゃったわけだし…。 そう考えるとベンチメンバーも???となりますし、付け加えていうなら点差が離れて勝っているわけでもないのに、ケガ明けのレアンドロも大伍の投入も理解不能…攻撃にスイッチを入れるとしてもすでに事すでに遅し…点を取るなら安部→金森の方が期待を持てたしペドロももっと早く入れるべきだったと思うし残り5分じゃ遅すぎます!正直、レアンドロと大伍は長期離脱明けだったしあそこで使うのは全く理解できなかった。
大岩監督はいつもベストメンバーですということを言うけど、ハーフタイムコメントで前半が悪いといつも「入り方が非常にわるい」とコメントを出しますよね。入り方ではなく、戦術の共有ができていない、ボランチのルールが決まっていない。戦術が落とし込めていないということでは?それとも戦術そのものがない?!
たぶん次期監督を今は模索中だと思いますが、傷が深くなる前になんとかした方がいいと思います…。…今まで何度も新しい監督を迎えて一喜一憂してきているわけですが、その瞬間が少しずつ近づいているような気がなんとなく感じています(´・ω・)

しばらくは鹿島には行けませんし、このままじゃちょっと気が重いですね(-_-;)応援したい気持ちは変わりませんが、なんとかしてほしい…アウェイでこっそり応援するか。ホームで勝ってくれないし、ここはファン・サポも反旗を…なんてことにならないといいけどね。ゴール裏も昨日のブーイングはしょうがないよね。 
負けたわけではないのに(←ここ重要!)これだけのブーイングはそうそう聞くことはないと思うし、それだけ鹿島アントラーズのサポもプライドをもって応援しているんですよ。クラブはよく考えてほしいですね。「常勝!鹿島」は消えつつあります…。ジーコイズムってなんだっけ?ジーコが監督でもFKをじゃんけんで決めさせる?鹿島ってそんなクラブだっけ?なんか恥ずかしいぞ…(*_ _)

それから最後に現地参戦だったから言えるしわかること…ゴール裏のコルリは変わったのかな?選手のコールも一部だけしか周知されていないのか、2~3回コールしてゴール裏全体に伝わる感じ?ゴール裏の真横だったので目に見えてわかりました。なのでチャントによって輪唱になってしまうやつも。付け加えると太鼓も輪唱?!それと執拗ともとれる優磨コール、あれは昨日は完全に逆効果でしたね。プレッシャーにしかならなかったかもしれませんね。

ま、そうこうしているうちに次のACL上海申花戦が控えています。週2の大連戦がスタートしていますし、ここで躓いている暇はありません。前を向くしかないんです…(; ・`д・´)/”

このブログ、鹿島が負けた時はショックと悔しさで管理人が荒れるため内容も荒れますが笑 今回は0-0ドローでも書かずにはいられなかったので荒れました笑 お許しを…
ブログランキング・にほんブログ村へ